白日会 中部支部について

白日会中部支部(中部白日会)は、昭和40年(1965年)に発足し、春に東京本展の巡回展を、秋に中部白日展を催してきました。


東海三県(愛知、三重、岐阜)の白日会展に出品する人々によって構成され、会友以上52人、一般60人程、計110人程が絵画・彫刻の分野で活動しています。


会員の技術と人間性の向上、親睦をはかり、地域文化の向上に貢献することをめざして、研究会、グループ展等、多岐に渡って発表を重ねています。


近年注目を集めている若手作家や、日展に入選を重ねている作家等多く排出し、地域でも注目されています。